スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アートフェア雑感

今週末、東京はアートフェアやその関連イベントが目白押し。
後学の為に、どれか見ておくべきだろうかと、既に行った人の感想をネットで拾っていた所、面白いという人と、退屈だという人とに意見は真っ二つだった。
Facebookで知り合った、或るアメリカ人ギャラリストに至っては"It was dead."だという。
行くべきか迷っている事を伝えると、「時間を無駄にするだけだ」と返された。

国内のアートフェアで見かける日本人作家の作品は、技巧的にも素晴しく、そして繊細でおしゃれだ。
が、この違和感は何だろう。
熱量が圧倒的に不足している気がする。
先のアメリカ人ギャラリストをして「みな同じ様なcrap」と云わせしめたのも、その辺りに起因するかも知れない。

当たり前の事だが、最も大切な事は技術でもイズムでもなく、人の心を揺さぶれるだけの魂が込められているか否かだ。
サバイバルに必死になるあまり、マーケットに迎合しようとするあまり、いつのまにか本懐を忘れてしまっていないだろうか。
「当たり前」を持続する事の厳しさを痛感させられた1日だった。
スポンサーサイト
プロフィール

中道耕平

Author:中道耕平
画家です。
空間の中にたゆたう叙情や空気を表現したいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。