スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変化の潮流

過去10年近く、僕は国内で殆ど作品を発表してこなかった。
バブル崩壊後の日本のアート市場は、ほぼ壊滅状態に等しく、且つ、非常に閉塞的な小さな世界の中で動いていたからだ。
それもあって、たまたまお声掛けいただいた海外の画廊経由で、国外のアートフェアに出品していた。海外では、作家の知名度に関係なく、それなりに売れもする。一般の人でも、気に入ってくれれば、本やCDを買う様に気軽に絵を買ってくれる。そういう文化が根付いているのだ。

しかし、ここにきて、日本でも状況が少しずつ変化してきている様に感じることがある。
新しいコマーシャル・ギャラリーが幾つも起ち上がり、その中で若いギャラリストたちが精力的に活動を始めている。実際にそういうギャラリーに足を運ぶと、紹介作品の質も非常に高い。観る側の意識も、若い層を中心に徐々に変わってきているようにも思える。

残念ながら、市場そのものはまだまだ厳しく、諸外国と比べても箸にも引っ掛からない状態だが、上述の様な望ましい変化の発芽が芽生えている事も確かだと思う。
その流れに賭けてみたいと思い、去年から、国内でも作品の発表の機会を持とうと決めた。

このブログでも、展示の情報などがある時は告知していくつもりなので、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
プロフィール

中道耕平

Author:中道耕平
画家です。
空間の中にたゆたう叙情や空気を表現したいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。