グループ展始まりました

SAKuRA GALLERYさんでのグループ展が水曜日から始まりました。
しばらく会っていない知人から、「観てきたよ」と連絡をいただいたりして、早くも嬉しさと感謝の気持ちで満たされています。
今回の展覧会は、2週間以上あるので(30日が最終日)、関東近隣の方はぜひ足を運んでいただけると嬉しいです。

stateof3_20170914215629568.jpg

Japanese Pop Art Show

These are my works that will be posted at the linked art fair. Please come and see if possible.

http://mayumiproject.today/news/exhibitionnews-2/

exhibition_list.jpg


オーストラリアで9/14から25日まで開催される「Japanese Pop Art Show」というアートフェアに、「Kou」名義で作品を出品します。
期間中彼の地へ行かれる方があれば、ギャラリーへ足を運んでいただけると嬉しいです。
詳細は上記リンク先をご参照ください。

グループ展のお知らせ

9月13日(水)から30日(土)までの期間、
清澄白河にあるギャラリーで、グループ展(3人展)に参加する事になりました。
僕は、"Japan Scape"というテーマの新作油彩画を6点出展する予定です。
国内では約1年振りの展示となります。
是非ご覧いただければ幸いです。

展覧会タイトル:"State of 3hearts"
場所:SAKuRA GALLERY
東京都江東区清澄3-7-4 Tel. 03-3642-5590 / メール sakuragallery@mbe.nifty.com
アクセスマップ:http://kiyosumi-gallery.sakura.ne.jp/html/access.html
期間:9/13(水)〜9/30(土) 12:00〜19:00(最終日のみ17:00まで)
※月・火曜日は休廊


よろしくお願いします。

佐藤さとる先生

ご高齢故、近い将来この様な訃報に触れる事になるかも知れないと、覚悟はしていたつもりだったのに、それはあまりに突然で、昨夜は何も考えられなかった。

小学校3年生の時、初めて「だれも知らない小さな国」を読んだ時の衝撃は今だに忘れられない。それから毎日の様に図書館に通い、憑かれた様に先生の作品を読み漁った。

あれから40年。いい歳になった今でも、たまに思い出した様にコロボックルシリーズを再読するが、その面白さは全く色褪せない。リアルで細かな情景描写が、架空の事象をして、現実味を帯びて頭の中に立ち上ってくる。本物のファンタジーの前には、子ども向けとか大人向けというカテゴライズすら意味を成さない。

僕という人間の人格形成には、先生の作品が影響しているといっても過言ではない。もし小学3年のあの日、先生の作品を読んでいなければ、僕は今とは少し違った人間になっていたかもしれない。

佐藤さとる先生、素晴しい作品を本当にありがとうございました。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

http://www.huffingtonpost.jp/2017/02/16/sato-satoru_n_14808510.html

元旦旅行

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

折角の長い休みという事で、31日、1日と三重県の赤目に行ってきた。
お目当ては、絵の取材を兼ねた四十八滝だったのだが、前乗りして、麓の温泉宿に一泊。
元旦未明、まだ仄暗い中、鳥のさえずりを聴きながら露天風呂を堪能。普段のバタバタな日々を思うと、とても贅沢な時間を過ごす事が出来た。

そして早々に食事を済ませ、早速滝巡りへ。
ここは若い頃にも何度か来ているのだが、有名なスポット故、普段の週末に出掛けると、山道が人で渋滞する程の混み様。
しかし流石に元旦、人もほとんど居らず、大自然を一人占め状態。人目を気にせず鼻唄を口ずさみながら(笑)、自然の中を歩き回る事が出来、大満足だった。

朝の柔らかい光が滝の後ろから射し込んでいて、まるで後光の如く神々しい滝。
鬱蒼と茂る背の高い木々の間から溢れる陽の光。

年初から素敵な景色との邂逅を果たせ、今年は何だか良い年になりそうだと、一人満足した年男の正月でした。

201702.jpg

201701.jpg

プロフィール

中道耕平

Author:中道耕平
画家です。
空間の中にたゆたう叙情や空気を表現したいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR